ロンドンWiFi事情

    スマートフォンをロンドンで使う方法

  • 携帯各社の海外パケットし放題プランを利用
  • 無料WiFiスポットを活用
  • 海外旅行者用のレンタルWiFiを利用

ロンドン市内ではロンドンオリンピックが控えてるせいか、wifiが使える場所が多いです。

2010年にロンドン市長のボリス・ジョンソンが2012年ロンドン・オリンピックまでにロンドン全域にWiFiネットワークを構築することを約束しました(City WiFi Network)。

主なサービス提供会社は、The Cloud、BT、O2の三つがメインです。

無料WiFi

ロンドンで無料でWifiを使うには、多くの場所で The Cloudにアクセスします。
始めて使う場合はあメールアドレスとパスワードを登録します。
旅行者でもこの手続きをすれば無料でWifiを利用できます、このThe Cloudはiphoneやアンドロイド用のアプリも提供しており、このアプリをダウンロードすることで、オフラインでもWifiを使うことの出来る店を調べることが出来ます。

The CloudでWIfiを提供しているのは、マクドナルドやプレタマンジェ、コンサートホールやシアターのある、バービカンセンター、主なコーヒーチェーンショップのほか、近場のパブや小さなレストランでも普及しています。

BTはイギリスの電話会社です。
日本でいうところのNTTみたいなものでしょうか。BTのwifiサービスは独自でやってるBT Openzoneと、世界的なwifiサービス会社FONと組んでいるBT FONがあります。

BT Openzoneのサービスでは先払いでお金を払えばWifiを使うことが出来ます。
1時間当たり3ユーロで、400円しない位、一日で39ユーロ、650円くらいといった感じでしょうか。
また、FONユーザーであればこのWifiをBT FONのサービスで自由に使うことが出来ます。

イギリス携帯大手のO2もWifiサービスを始めました。
2013年には広域ネットーワークを提供予定です。

日本と同様にマクドナルドやスターバックスでもWifiは利用できます。

しかし、ロンドンの場合日本とは少し事情が異なっている模様です。
マクドナルドはYahoo BBかソフトバンクの加入が利用条件である日本とは違い、誰でも使うことが出来ます。
しかし速度に関しては、結構な数の人が使っているからかもしれませんが、そこまで速くない模様でです。

もちろんスターバックスでもWifiが使えます。
ただ、スターバックスの場合は、スターバックスカードというのを買ってそれをもとにユーザー登録しておく必要があります。
これはお金を入れておいて使うカードで、最初に最低限必要な金額の5ユーロを入れてもらっておきます。
あとはサイトでユーザー登録さえしておけば、そのカードを使っても使わなくてもWifiを使うことが出来ま。
このカードを使ってコーヒーを購入すれば、色々な特典があるようです。
速度に関しては、そこそこでてるとおもわれますが、若干不安定かもしれません

この辺の状況は日本とそこまで変わらない感じといえるでしょう。
いやむしろ、Wifiカフェが用意してある、という点ではロンドンのWiFi環境は日本より進んでいるかもしれませんね。


このページの先頭へ