ロンドン天気・時差

ロンドンの気候と天気

ロンドンの緯度は北緯51度、東京は北緯40度くらいですから、東京より10度も北にあって、日本周辺で言うと北海道より更に北の樺太辺りと同じ緯度となります。

ところが、ロンドンは樺太ほど寒さの厳しい気候ではなく、夏は涼しく冬は東京よりもむしろ暖かいという温暖な海洋性気候に恵まれています。
これはメキシコ湾から流れているメキシコ湾流が大西洋で北大西洋海流となり、その暖流がイギリスまで流れて来ることによって、緯度が高いにもかかわらずそのような温暖な気候となっているのです。

ロンドンの気候の特徴

また、ロンドンの気候の特徴としては、曇りがちな天気が多く雨も年間を通してよく降ることです。

ただ一日中ずっと降りっ放しという事は少なくて、降ってしばらくしたら晴れて青空が広がった、というようにコロコロお天気が変わるのも特徴ですから、晴れの日でも折り畳み傘を携帯するのが賢明です。

春は暖かい日もあれば急に寒くなったりと、気候の変化が激しく気温は5~15度の間を前後しています。
6月から8月にかけての夏には、平均気温は18度前後と涼しいですが、日中には30度を越えることもあります。朝夕は夏でも冷え込むことがありますから薄手のセーターがあると便利です。
秋には朝晩かなり冷え込んで、日中もあまり温度は上がらず平均7~15度前後となりますが、10月末頃までは厚手のコートは必要ありません。
12月からの冬の季節には、平均気温は5度以下となり厚手の防寒着が必要ですが、氷が張るような寒さに気温が下がることは滅多になく雪もあまり降りません。

日本との時差

時差は日本に比べて9時間で、日本時間から9時間引けばロンドン時間となります。たとえば、日本のAM7:00がイギリスでは前日のPM10:00となります。

これがサマータイム実施中は8時間の時差になる。サマータイム実施期間は、3月最終日曜日のAM1:00(=AM2:00)から10月最終日曜日のAM1:00(=AM0:00)までの機関実施されます。

その間は普段のロンドン時間から一時間進ませた時間が、サマータイム時の時間となります。


このページの先頭へ